どうして海のない小千谷で魚屋さん?魚晃誕生秘話

魚晃のお歳暮ギフト

魚晃の歴史

(株)丸魚 魚沼水産の本社社屋(昭和45年~平成12年)

株式会社魚晃は、魚市場である地方卸売市場 丸魚 魚沼水産(昭和25年創業)のグループ会社です。
なぜ新潟県の中でも海から遠く離れた内陸部の小千谷で魚屋なのか?この答は昭和の時代の流れの中にあります。

昭和中期から今日に至る中で、魚晃が誕生するまでの物語をご紹介いたします。
当社の歴史から昭和の時代の流れもお感じ頂ければ幸いです。

はじまりは乾物問屋

(株)丸魚 魚沼水産の本社社屋
(昭和32年~昭和45年)

魚沼水産は創業した昭和25年、塩干品を中心とした問屋業でした。塩干品とは魚を塩漬けや天日干しにした水産加工品の事です(例えば棒鱈(助宗鱈を干したもの)、身欠きにしん、塩鮭、筋子、たら子など)。

その当時は冷蔵、冷凍技術は普及しておらず、道路事情も悪く、魚を集めるための手段は貨車でした。
内陸部に生の魚を流通させることは、ほぼ不可能で、魚沼水産は塩干品を中心とした魚を内陸部に住む方たちに販売していました。

時代の変化・流通の変化により、鮮魚の販売へ

魚沼水産 セリの風景(昭和62年)

時代は流れ、冷蔵、冷凍の技術や道路網が発達し、輸送手段は貨車からトラックへと変化していきます。
昭和47年、魚沼水産は鮮魚のセリを行える許可を得て、生の魚の販売を開始します。

内陸部でも新鮮でおいしい魚介類が食べられるように尽力。時を同じくして、当時徐々に誕生しつつあったスーパーマーケットとお取引をする事で、弊社は大きく成長していきます。

時代の変化・お客様のニーズも鮮魚から切り身、調理品へ

マウウオ食品加工作業(昭和62年)

時代の変化とともに、お客様の求める商品もその姿を変え、丸の魚から切身に、切身から焼き魚、煮魚へとニーズは移っていきます。

魚沼水産グループのもう一社、マルウオ食品株式会社は、その時代のニーズを受け、昭和50年に切身の工場として設立、鮭・マスを中心とした切身、味噌漬けや粕漬けのような漬魚を製造するようになり現在に至ります。

こだわりのお惣菜を食べて頂くために 魚晃の設立

魚晃加工作業(昭和62年)

昭和60年、更に加工度を上げたこだわりのお惣菜を食べて頂くために魚晃は設立されました。煮る、焼く、味付してお手軽に食べられるお惣菜を製造しています。

マルウオ食品と魚晃は魚沼水産の長年培った信用力で日本全国からたくさんの新鮮な魚介類を調達できることも強みのひとつです。

新潟の郷土料理を後世へ

魚晃では、新潟の郷土料理を後世にも残せるように作り続けています。

私たちのものづくりの姿勢は
「ひとつひとつ丁寧に手作り」「しっかりと時間をかけた調理」「保存料は使用しない」


大量生産できないことや、保存料を使用しないため賞味期限が短いという弱点はありますが、「食で幸福を感じてもらいたい」「食を通じて幸福をお届けしたい」という気持ちで本物の味を追求しています。

新潟の郷土料理として製造しているものは、「棒鱈煮」「にしんの甘露煮」「のっぺ」「車麩煮」「かぐら南蛮味噌」などです。

これらの郷土料理には一品一品、当時の生活の中で誕生した物語があります。
魚晃では、料理としてだけでなく、時代背景にある物語も含めて、新潟の郷土料理を後世へ伝える役割を果たせればと考えております。

新潟郷土料理誕生・・・そのさわりを紹介いたします。

新潟の郷土料理のルーツは北前船!?

新潟の郷土料理は北前船(江戸時代から明治時代にかけて日本海海運で活躍した北国廻船)と深くつながりがあります。
新潟港は古くは新潟湊と呼ばれ、北前船の中継基地として栄えました。北海道からは、昆布・にしん・鮭・鱈・数の子などの海産物が運ばれ、新潟からは米・味噌・酒などが送られました。

この時、北海道の海産物と新潟の食材が合わさり、棒鱈煮や昆布巻、数の子山海漬けなどが郷土料理として、この地域に根付きました。

魚沼地方の郷土料理 棒鱈煮

棒鱈煮は、魚沼地域の郷土料理として今でも地域住民に親しまれています。
小千谷を含めた魚沼地域は新潟の内陸部で海がありません。北前船が運んできた棒鱈は助宗鱈を天日干ししてカチンコチンにしたものです。

生の魚が食べられない内陸部・山間部では貴重な魚のタンパク源でした。
貴重品であったため、お祭りや、お盆、お正月などのハレの日に食べられたようです。
その風習は現代にも引き継がれていて、小千谷ですと四尺玉花火の片貝まつりや、市内中心部にある二荒神社のお祭りなどで食べられています。

魚晃では棒鱈を水で戻し、大鍋で8時間じっくりコトコトと甘露煮風に煮あげています。
魚晃は棒鱈煮に代表される新潟の郷土料理を手間暇かけて製造しております。

一度ご賞味いただけましたら幸いに存じます。

ページの先頭部へ戻ります